河合塾 京都校

​​​​​2020年3月23日 No.1【子】

2020年まで通塾。高校生の時期。
英語の授業では、90分で1つの長文を扱う。先生による解説が詳しい。先生から、長文中の単語には筆者の感情・考えが表れていることを習い、それらを読み取ることが可能になった。
チューターのアドバイスは、模試結果の数字・判定のみに基づいたもの。
トイレの大便器が生徒数に対して足りていない。

河合塾 京都校

掲載拒否は一切せず、お話頂いた内容から、

公平な基準で記事を作っています。

個人情報は受付処理にのみ使用いたします。

​※他サイトへの無断転載はお断りしております

情報提供

​お問い合わせ

© 2020 教育の市場化と受験産業について考える会/ミライサーチ