能開センター(大学受験) 高松校

​​​​​2020年5月17日 No.1【子】

現在通塾中。高校生。
1教科につき週1回の授業。1授業あたりのテンポは早めだが、長期的にみた授業内容の進度はやや遅め。
高校2年生からの英語は、短文の読解・リスニングが実施される。
英語では様々な種類の教材が配られる。
①単語・成句の盛り込まれた例文プリントと、それに使われている単語の単語帳のようなプリント。市販の単語帳に載っていない単語もある。プリントの内容は宿題として出され、確認テストが実施される。
②構文の意味や、構文を用いた例文を書いて学ぶプリント。
③助動詞・動名詞などが、単元ごとにまとめられていて、それらを組み込んだ例文の穴埋め・和訳を練習するプリント。文法が一覧にまとめてあり、文法の載っている部分と、それに対応した例文の載っている部分は完全に分けられている。このプリントの内容も宿題として出され、少しレベル高めの確認テストが実施される。
確認テストを全問正解 もしくは 開始後30分経過しなければ、帰ることができない。

能開センター(大学受験) 高松校

掲載拒否は一切せず、お話頂いた内容から、

公平な基準で記事を作っています。

個人情報は受付処理にのみ使用いたします。

​※他サイトへの無断転載はお断りしております

情報提供

​お問い合わせ

© 2020 教育の市場化と受験産業について考える会/ミライサーチ