馬渕教室 高の原校

​​​​​2020年4月23日 No.1【子】

現在通塾中。中学生。
レベル別のクラス分け。
授業中の問題解説では、レベルの高い学校だとどのような応用類題が出題されるか教えられる。
予習・復習用の映像を携帯電話で見ることができる。
国語の宿題をするときには、わからなかった言葉の意味を書くことが指示されている。他教科の宿題では、間違えた問題を解きなおして・青ペンで丸付け、予習動画の板書をノートに写すなどのルールがある。
入塾初期、上記のような宿題・復習テストのルールはあまり説明されない。

馬渕教室 高の原校

掲載拒否は一切せず、お話頂いた内容から、

公平な基準で記事を作っています。

個人情報は受付処理にのみ使用いたします。

​※他サイトへの無断転載はお断りしております

情報提供

​お問い合わせ

© 2020 教育の市場化と受験産業について考える会/ミライサーチ